【YOOX返品】返送方法、手数料と送料、着払い元払い等まとめ

非常にお得なプライスでイタリアのインポートブランドを手に入れられるユークス。
私はYOOXで年間20万円ほど買い物をしているが、これまでこれといったトラブルに遭遇したことはない。
それもこれも、気に入らなかった商品は気軽に返品可能だからだ。

YOOXは到着後14日以内なら商品の返品が可能だ(ファイナルセール等の返品不可商品を除く)。
この14日という期間は実はかなり有難い。
というのも仕事が忙しかったりすると、宅配で商品が届いてから1週間近く開封しないこともあるからだ。
楽天のショップだと返品は1週間以内なので、うかうかしていると返品可能期間が過ぎてしまうことになりかねない!

気楽に返品できるYOOXで買い物をするなら、気になった商品は片っ端から注文し、サイズが合わなかったり色柄が気に入らなかったものは返品するというスタイルがオススメだ。
なぜなら、いくつ返送しても送料は着払いなら一律800円であるし、YOOXは売り切れるサイクルも早いので迷っていると商品が無くなってしまうからだ。
そして何より、YOOXは商品説明の画像が雑!
実際に手に取ってみてイメージと違ったということもあるだろう。
そのため返品前提でガシガシ注文するのがYOOXの正しい使い方である。




YOOX返品の流れ①

YOOXで商品を返品するには、まずは返品フォームを入力する必要がある。
返品フォームはパソコンのみ表示されるので、パソコンからアクセスしよう。
ただし、裏技としてスマホからでもブラウザの設定でPC版サイト閲覧設定にすれば返品フォームを入力することが可能だ。

返品フォームを入力するとYOOXから返品フォーム受付の連絡が来る。
あとは包装して発送するだけだ。

なお余談だが、かつて一度返品フォームを入力したはずなのにYOOXから連絡が無く問い合わせをしたことがある。
日曜日の朝だったのにも関わらず10分ほどでカスタマーサポートから連絡が来た。
イタリアの会社なのに顧客対応はかなりしっかりしていると感じた(カスタマーサポートの担当は日本人でした)。

YOOX返品の流れ②

返品フォームを入力したら着払いで発送するだけだ。
元払いで返品することもできるが、元払いだと1000円を超える場合も多いはず。
着払いなら一律800円なので着払いで送った方が得。
ヤマトでも佐川でもゆうパックでもどこを使っても大丈夫。
着払いで送ると、商品代金から800円引かれた金額が戻ってくる。

ちなみに、YOOXで買い物をするとヤマト便の返送用伝票も付いてくる。
使いにくいので、私はコンビニでもらう普通の着払い伝票を使っている。
返送先は以下の通り。

YOOX返品の流れ③

以上で返品手続き完了。
めっちゃ簡単。
クレジットカード払いなら請求代金に相殺される形になる。

なお、返品できない場合として
・ファイナルセール等【返品不可】の記載がある場合
・タグや付属品を切り離した場合
・お直しをした場合
等がある。
これらは楽天で買い物をした時も同じなので特に問題はないかと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする