テーラーフィールズの評価評判!安くパターンオーダースーツを作りたいなら良いのかな…?

新興の格安パターンオーダースーツ屋といえば、ブレフとテーラーフィールズ、それにディファレンス。
ブレフについては記事にした通り。

今回はテーラーフィールズへ潜入してきたので、テーラーフィールズのパターンオーダースーツについて、ブレフと比較しながらリポートする!




テーラーフィールズと麻布テーラーの関係について

テーラーフィールズと麻布テーラーは、いずれもメルボ紳士服株式会社が運営するブランドである。
麻布テーラーは日本のパターンオーダースーツ業界を引っ張ってきた紳士服店の一つなので、ご存知の方も作ったことがある方も多いはず。

麻布テーラーのボリュームゾーンは50000〜70000円。
最低価格は37000円からだが、なんだかんだオプションを付けると50000円近くになる。
これに対しテーラーフィールズは23000円から。
麻布テーラーよりも若い世代を狙ったショップである。

ショップの店員さんに聞いたところ、同じ会社が運営しているとはいえ、麻布テーラーとテーラーフィールズでは明確にブランドとしての差を設けているそう。

まず麻布テーラーのスーツは自社の国内工場で作り、生地は全てウール100。
オプションも豊富で体型補正等も出来る限り対応するとのこと。
これに対し、テーラーフィールズは中国製。
化繊の生地が多く、オプション等も限定されてくるとの話だった(それでも、普通にパターンオーダーするには、十分なオプションだと感じた)。

テーラーフィールズの最低価格は23000円

テーラーフィールズの最低価格は23000円であるが、これはパターンオーダースーツ業界の中でも指折りの安さ。
競合のブレフは最低価格28000円なので5000円安い。

もちろん、23000円のプランとなると化繊混の生地がメインとなる。
私は先日テーラーフィールズへ潜入して生地を色々見せてもらったが、安い生地は7割方化繊混紡の生地であった(化繊混が悪とは限らないが、この価格帯のスーツの場合はコストダウンのための化繊と考えてよいだろう)。

とはいえウール100の生地もなくはなく、シーズンの立ち上がりの頃ならもっと沢山あるとのこと。
最低価格でウール100にこだわるなら、ブレフよりも選択肢は若干多いと感じた。

そして、テーラーフィールズではスーツの価格は5段階の生地の質と3段階の仕立ての組み合わせで決まる。

生地の質は分かりやすいが、問題はエコノミー、ベーシック、スペシャルと分けられた仕立てである。

袖裏のキュプラ、脇当て、ナットボタン、AMFステッチを付けるとエコノミーから3000円増のベーシックとなり、水牛ボタンや本切羽にすると更に3000円増のスペシャル仕立てとなる。

この価格設定が微妙なところで、ちょっとグレードの高い生地でスペシャル仕立てを選択したりすると50000円〜になってしまい、麻布テーラーやユニバーサルランゲージメジャーズでも仕立てられる価格となってしまう。

それではテーラーフィールズへ来た意味が無い。
私は格安でパターンオーダースーツを作れるという点にテーラーフィールズの意義を感じていたので、ウール100の生地、23000円の下限のエコノミー仕立てで今回パターンオーダーしてみることにした。

テーラーフィールズのスーツの型紙

テーラーフィールズでは、クラシコイタリアとニューサビルロウという2つのモデルが用意されている。

クラシコイタリアはナチュラルショルダーで、いわゆるイタリア的な丸みを帯びたシルエット。

ニューサビルロウはロープドショルダーのイギリス型。
ニューサビルロウはラペルが細く(調整可能)ウエストがくびれており、スラントポケットの角度がかなり急なので、ビジネススーツとしてはかなり攻めたデザインではなかろうか…

ちなみにクラシコイタリアは、ブレフのイタリアンモデルよりも肩周りはイタリアっぽい雰囲気。
ブレフのイタリアモデルはカッチリしていて全然イタリアっぽくないので。

テーラーフィールズの納期

テーラーフィールズの納期はホームページによると6週間。
しかし、今回実際に作りに行ったら約2ヶ月かかるとのことだった!
急いでいるわけでもないので私はどうでもよいのだが、早く手にしたい人にはオススメできないだろう。

納期に関してはブレフの圧倒的大勝利。
なんてったってオーダーから11日で完成の連絡が来たので。
ブレフ、早すぎでしょ……!!!!

店舗の販売員さんの対応

ブレフは若い女性の店員さんが多い。
これに対しテーラーフィールズは男性の店員さんが多い。
テーラーフィールズは年配のスタッフさんも。

あくまで一般論ではあるが、バイトの若い女性店員さんだと客の要望をかなり汲み取る反面、客に知識が無いとヘンテコなスーツができる可能性がある。
それに対し、男性販売員さんだとヘンテコなスーツはできにくい反面、その男性販売員さん自身の好みが反映されたスーツに仕上がる可能性がある。

ブレフもテーラーフィールズも私を接客してくれた販売員さんは親切丁寧で、店員さんの対応は両店ともに好印象であった。

スーツのレビューはまた後ほど

以上がテーラーフィールズでオーダーした感想となる。
完成まで2ヶ月かかるとのことなので、完成後に商品をレビューしようと思う。

格安パターンオーダースーツはもういいかな……

今回、ブレフとテーラーフィールズという30000円以下で注文できる新興の格安パターンオーダースーツ販売店を試してみた。

両店ともに価格を考慮すれば、「まぁ、こんなもんだろう」という感想。
不満な点は少なくないが、価格が価格なのであまり文句は言うまい。
当初はもう少し格安系をレビューしてみようかと思ったが、これ以上作っても安物買いの銭失いになる可能性が高いのでやめる。

予算が30000円なら、スーツカンパニーやスーツセレクト等のツープライス量販店のインポート生地の商品の方がコストパフォーマンスは高い。
それゆえ、どうしても既製品だと体型的に難しい人でなければ積極的にオススメはしない。

やはりこの予算ではオーダーしても様々な制限が出てくる。
それと、この価格でオーダースーツを作ろうとしても制限が多いので全然ワクワク感が無い。
ある程度オーダースーツを楽しもうと思ったら、それなりの予算は必要だ。

その意味では、普段使いのスーツなら少なくとも50000円程度の予算は必要だし、特別なスーツなら100000円以上の予算は確保すべきだろう。

とはいえ何事も経験だと思う。
格安系パターンオーダースーツのリアルなレビューはネット上にあまり無かったので、作ってみて良かった。この記事が読者の役にたてば幸いである。

1万円以下で最強なオーダーシャツは↓↓
オリジナルスティッチの評価評判!シリコンバレーのすごいやつ!!アンダー1万円オーダーシャツ市場で天下取れるポテンシャル!!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かな より:

    その後、完成品はどうだったんでしょう?やっぱりダメだった、、かな?

    • koijiro より:

      コメントありがとうございます。

      そうですね、ダメでした……
      肩とかダメダメすぎてレビューする気さえ起こりませんでした笑
      そのうち追記しますね!