ブレフのスーツの評価評判!レビューが無いのでbrefのパターンオーダースーツを作ってみた!!

スーツにかける費用は年収の1%が目安と言われる。
年収500万円なら5万円。
年収600万円なら6万円。
年収700万円なら7万円。
年収800万円なら8万円。

先日オーダースーツ初心者にはユニバーサルランゲージメジャーズがオススメという記事を書いた。
ユニバーサルランゲージメジャーズは5〜8万円程度でパターンオーダースーツを購入することができるので丁度この価格帯に該当する。

しかし、年収500万というと月々の手取りは20万強。
家賃や食費、交際費、ローン等を支払って少々の貯金をすると50000円のスーツでも高く感じるのではないだろうか。
もちろん、一着二着は上等なスーツを持っていたい。
日頃から良いモノを見ていないとスーツの良し悪しも見分けられない。
その意味では、年収の2%のスーツも一着くらいは仕立ててみるべきだとは思う。

しかしデイリーに使用するとなると、もっとお手頃なスーツも持っていたい。
外回りの仕事でスーツの消耗が激しい人や雨の日に着るスーツはできるだけ価格を抑えたいところ。

低価格帯パターンオーダースーツといえば、これまではエフワン、ビッグビジョン、都民県民共済のスーツ等が挙げられた。
しかし、ここ2、3年でブレフやテーラーフィールズといった新興の格安オーダースーツショップが勢いを増している。

「3万円のオーダースーツ?どうせ生地や縫製で手抜きしてるんでしょ。あんまり安いのはね~……」
なんてお考えの諸兄も多いはず。
私もそのように感じていた。

だが、物は試し。
ネット上にもブレフのスーツのレビューや評価評判らしきものはあまりない。
それならば!ということで私がブレフでパターンオーダースーツを仕立ててみることにした。
購入を検討中の皆様は参考にされたし。




brefとは?


私がブレフを知ったきっかけは秋葉原アトレ2階店舗の赤いマネキンだ。
三省堂に書店パトロールへ行くたびに目立つ赤いマネキンが目に入ってきて「なんだあれは?」と思っていた。

ブレフは銀座山形屋という老舗のテーラーが若者向けに新しく展開したブランドで、28000円と38000円のモデルを基幹とする格安系オーダースーツ屋だ。
店舗は現在東京のみで新宿、渋谷、秋葉原、東京駅など七つある。

ブレフは「スタイル・オーダーメイド」と称しているが、これは要するにパターンオーダーのこと。
予め用意された採寸用のゲージ服を着て、そこからサイズを微調整したり、ディテールを変更する。
モデルはナロー、ブリティッシュ、イタリアンの三種類がある。

2017年現在スーツのトレンドは、クラシック回帰が謳われており、以前のようなピタピタパツパツで着丈短めラペル細めのスーツは確実にダサいスーツになりつつある。
世のリーマン諸兄は未だにかなり細身のスーツを好んで着ており、それを反映してかツープライス系スーツ量販店も細身モデルを推しているが、あまり細すぎるスーツはやめておいたほうがいいだろう。
ブレフならブリティッシュかイタリアンから選ぶべし。

ブレフのパターンオーダーとは


ブレフに限らずパターンオーダースーツ販売店では、ブリティッシュやイタリアン(クラシコやナポリと呼ばれることも多い)と名のつく採寸用のゲージ服が用意されている。
基本的に、ブリティッシュモデルは肩周りが構築的でがっちり目の肩と絞られたウエスト、クラシックなシルエットとなる。
それに対しイタリアンは副資材がなるべく省かれたリラックスした肩周り、マニカカミーチャ(袖のギャザー)や丸いシルエットが特徴である。

しかしブレフの場合、ブリティッシュもイタリアンも副資材や縫製上の違いは無く、最も特徴の出る肩周りがブリティッシュもイタリアンも同じ仕立てとなる。

店員さん談。
今ブレフのブログで改めて確認したところ、パッドの薄さに等に違いがあるとの記載を見つけた。
しかし今回イタリアモデルで仕立てたが、他店のブリティッシュモデルよりもガッチリした肩である。
ブリティッシュはバストとウエストの差がありVゾーン深めフロントカット大きめ、イタリアンはボックス風のシルエットとなっている。
パターンオーダーでは肩幅をいじれないお店もあるが、ブレフでは最大2cmまで肩幅を広げることができるのは有り難かった。

生地は28000円のものはポリ混のものが多い。
多いというか、ほぼポリ混。
ブレフのホームページ上で確認したウール100の生地も、実際に見せてもらうとジャケット専用の生地だったりで、ネイビーorグレーでビジネスで使えそうなウール100はほとんど無かった。
38000円のものになると多少はウール100も増えてくる。 

正直、生地に関しては価格相応かそれ以下といった印象だ。
最近はツープライススーツ量販店でもREDAあたりのインポート生地を使った高コスパなスーツを販売しているので。
しかし、この価格帯のスーツは張り切って何年も着るものではなく1、2年の消耗品として割り切るべきなので、まぁこれもアリかな……とは思う。

ブレフでスーツをオーダー

ブレフでスーツを作るべく、9月某日都内の某ブレフへ潜入した。

ブレフの店舗は小ぢんまりとしていて、微妙なスペースにあることが多い。
テナントの家賃を抑えて、その分商品のスーツへ資本を投下するということだろうか。
素晴らしい。

他の店舗を見てもブレフの販売員さんは女性が多い気がする。
女性の店員さんは、商品知識は豊富でもスーツ自体の知識や最近のトレンドに関してはちょっと……と思うことが多い。
あと性差別をするわけじゃないが、男の身体と女の身体は違うのでその辺もちょっと。

ブレフの店員さんも丁寧で商品知識はきっちりしているのだが、提案してくるスタイルが現在のトレンドとはズレており「ん?…」と思うことはあった。
そのためブレフでスーツを作りたい人はパターンオーダー初心者よりも、ある程度経験があり店員さん任せにしない人の方が良いように思う。

ブレフでオーダーして驚いたのは納期の短さ。
なんと2週間。
ブレフより納期の短いオーダースーツ販売店はないのではないだろうか?

やや不安があった縫製面に関しても、岩手に自社工場があるそうで自信があるとのこと。
納期と縫製がブレフの強みというお言葉を頂いた。
素晴らしい!

しかも実際の納期は2週間より短く、11日後にSMSで完成の通知が着た。なんたる速さ!

ブレフのスーツをレビュー

完成品がこちら。

王道のネイビーソリッド、ウール60%ポリエステル40%の生地。
ネイビーorグレーのソリッドでウール100は無かったので妥協した。


袖を通してまず感じたのは、肩周りがかなりガッチリしている。
ガッチリというか大味というか……
価格が価格なので文句は言えないが、やはり高いスーツは袖付けの技術が洗練されてるのだと感じた。

裏地

内ポケットのブレフのブランドタグは、ネーム無しも選択できる。
ブレフ、気がきく!



ダブル17.5cm、ターンナップ幅4.5cmで処理。
そういえば、糸どめかスナップどめか聞かれなかったし指定するのも忘れてた。
指定しなければスナップどめになるらしい。
なんかキラキラ光るし膨らむからスナップどめ好きじゃないんだよな。

着用

感想
うむ……
採寸してるときは「お!ブレフ案外良さそうじゃん!2着目もいったろか!」と思った。
しかし、完成品を見てやっぱり「お、おぅ……」となってしまった。

しかしそれでも28000円、1週間ちょっとの納期でパターンオーダースーツを作れるのは凄いと思う。
型紙が身体に合っていて、とにかく安く、手っ取り早くスーツを作りたい人にはオススメできると言えよう。

ただ、ブレフは最低約30000円。
ユニバも最も安い生地なら一着約40000円でパターンオーダーできるので、諸々の差を考えると、オーダー初心者にはユニバーサルランゲージメジャーズを勧めたいという気持ちは全く変わらなかった。

次はテーラーフィールズいってみっかな。

補足

こちらの記事に、ブレフのスーツに関して有り難いコメントを頂きました。

先月、differenceとブレフでスーツを受けとりました。日本製の縫製にウール100%の生地、で28000円。サイズ感、背客技術全てにおいてブレフが上。しかも10日で仕上がりました。
differenceは2週間と言いながら実際は1ヶ月。さらに肩のフィット感も悪く完成後に指摘した所、パターンオーダーなので勘弁しろと言われました。作る時にはオーダーなので体に合うと言っておきながら、出来上がったらフルオーダーじゃないから等と言われました。differenceは店と広告に金をかけただけの中身の薄い店でした。
名指しでブレフを批判するなら、ちゃんと両店で作ってからの方がいいっていいんじゃないんですか?相手に失礼です。

全然更新できていませんが、元々当ブログは【東京デートスポットアーモリー】という、世の男性にイケてるデートプランを提案し、実際に行動に移してもらうことを目論んで開設したウェブサイトになります。
キュレーションサイトに埋もれて検索されないので、得意分野であるファッションについても書いてみたという経緯があります。

人に行動を起こさせるには、尖った表現や強い言い回しが必要な場合もあると私は考えています。
そのため、投稿本文では上から目線で強い表現を用いています。
不快に感じる方もいらっしゃるかと存じますが、ご容赦下さい。

今回コメントを頂きまして、ブレフにはしっかりとファンがいると感じました。
本投稿も決してブレフを批判しているわけではありませんので、ご理解ください。

1万円以下で最強なオーダーシャツは↓↓
オリジナルスティッチの評価評判!シリコンバレーのすごいやつ!!アンダー1万円オーダーシャツ市場で天下取れるポテンシャル!!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mh より:

    brefの記事という事で拝見しました。
    手直しもあったのでファンという訳ではないですが、予約しなくても空いているためもう1着購入を考えておりました。
    どの様な事を記事にしても、一定数の批判は生まれるものなのでお気になさらず尖った表現をお続けになることを応援しております。

    さて、本題ですが、
    >完成品を見てやっぱり「お、おぅ……」
    こちらについて、どの様な事からそう思われたのか参考に教えて頂けないでしょうか?
    そこまでスーツに詳しくないため、もっと見るポイントを勉強したいと思いコメント致しました。

    • koijiro より:

      はじめまして。
      励ましのお言葉有難うございます。

      生地と仕立てですね。
      本文ではマイルドに書き、着用画像もできる限り良いものを選んだのですが、正直我慢できないレベルでしたので全く着ていません……

      10万円を超える価格のジャケットやスーツでも合成繊維が混紡されているものもありますが、それらの場合は素材の表情や強度を増したり欠点を補うために使われているケースが多く、生地に存在感があります。
      例えば、打ち込みがしっかりとして密度が高いのにしなやかだったり、逆に繊細で柔らかいのにコシがあったりするわけです。
      ブレフのスーツの場合はコストダウンのための混紡なので、一見して明らかにネイビーに深みが無く安いスーツ特有のペラっとした風合いです。

      仕立てに関しては立体感とメリハリが無く、のっぺりとしています。
      良いジャケットは首から肩にかけて寄り添うように均等にフィットし、人間の体を立体的に見せてくれます。
      特に肩周りは重要で、可動域を確保するためにアームホールがいせ込んであり、見た目はすっきりしているのに動きやすいのです。
      ブレフの肩はボコっと袖を胴体にくっつけただけで、大味というかメリハリが全然無いのです。
      まぁ、この価格のスーツにソレを求めるなよって話なのですが、3万円のスーカンの既製品なら結構マシなインポート生地のものもあるので、ブレフはちょっと厳しいなーという感じです。。

      • mh より:

        返信頂きありがとうございます。
        また採寸するのが面倒で、一度採寸したお店でと思っていたのですが、やはり別のところも評価を見つつ検討した方が良いと分かりました。
        特に、肩周りの可動域については同じ様に気になっていたので、お店(工場)の特徴なのだろうと理解が出来ました。
        オーダースーツは初心者で、色が気に入っているため若干キツさがあっても我慢して着ています笑

  2. KM より:

    私はブレフ、グローバルスタイル、テーラーフィールズでオーダーしました。
    ディファレンスはシャツのみインポート生地でオーダー

    概ねkoijiroさんのレビューと同じです。

    私の場合、ブレフの接客と言うか対応が酷かったので二度と行きません。
    ネットで「紙スーツ」と揶揄されるのも納得の出来でした。
    グローバルスタイルも紙スーツでしたね。知人と同時にオーダーしたのですが、その知人のジャケットは1週間後に背中が裂けました(笑)
    この二社の特徴はこちらからの指示がない限りパツパツに作ります。

    テーラーフィールズは仕立ては一番マシでしが、3段階のうち1番上のスペシャル仕立てでやっと普通のスーツといった感想です。
    それと袖幅が詰められないのは残念でした(フレンチカフスなら気にならない程度です。)

    私の結論ですが、最低限の仕立てと生地でオーダースーツを作ろうとした場合テーラーフィールズのインポート生地フェア中(カノニコ、スペシャル仕立てで5〜6万円)にオーダーするのが最良。

    さすがに5万円以下ではスーツ擬きしか出来上がりませんね

    8〜10万円が出せるのであれば他の良いテーラーに

    • koijiro より:

      コメント有難うございます。

      おっしゃる通りですね。
      クオリティを求めると、ある程度の予算は必要ですね。
      低価格オーダーの現実は厳しい……

      >>私の結論ですが、最低限の仕立てと生地でオーダースーツを作ろうとした場合テーラーフィールズのインポート生地フェア中(カノニコ、スペシャル仕立てで5〜6万円)にオーダーするのが最良。
      参考になります。

      ユニバーサルランゲージは試されましたか?
      8万円~くらいの生地であれば、ハンド仕立てが可能です。
      定期的にやっている割引キャンペーンと青山商事の株主優待(ヤフオクで数百円でゲットできます)のコンボが炸裂すれば6万円台に収まるので、こちらもお勧めです!

      • KM より:

        コンボ炸裂(笑)良い情報ありがとうございます。

        実は私は普段行きつけのテーラー&カッターがあるのでそこで仕立てています。
        今回は仲間内で流行りのアンダー5万円のオーダースーツは如何程か。と盛り上がり検索で上位にあった3店舗でオーダーしてみたという経緯なんです。

        結果は上記の通り散々たる出来でした。いかにkoijiroさんが控え目に表現していることか…

        革靴にも同じことが言えますがやはり10万以下は選択肢が殆どありませんね。

        • koijiro より:

          テーラー&カッターをご贔屓にされているのですね。
          良いものをお召しで。

          結構ディスってしまいましたが、低価格オーダーもスーツに目覚めるキッカケとしての役割はあると思います。
          洋服の歴史の浅い日本では、スーツはただの制服に成り下がっていますので……
          まだまだ物足りないレベルですが、オーダースーツ市場は成長中なので今後の発展に期待です。

  3. あべべ より:

    私も数年前の20代の頃に、就活のために小田急のbrefで使ったことありますが。
    (その頃ですからウール100がいいとか、ポリ入ってるとどうだとかは気にしてませんでした)

    生地は紙みたいにペラペラだし。アイロンはピッシリかかってしまい襟はペッタンこ。
    ウエストも絞りすぎでは?と思うものができました。

    また、袖はシャツが少しも出ないものが仕上がってしまい、店員(女性)も「おかしいですね、採寸はあってはいるんですが…」と言われました。(「そりゃこっちのセリフだわ」と内心思っていましたねww)

    シャツとセット割でしたので、シャツも作りましたが。首は測ったのに、出来上がりは首絞められてるんじゃねーの?wと思うほど1サイズ違い(相手側はあっているの一点張りだったので、返品はできませんでした)が2枚も仕上がってきました。ははは….(泣

    結局、袖あげも面倒臭く2度といっていません。
    まともに仕上がったのはパンツのみ…安かろう悪かろうの勉強になりました。

    • koijiro より:

      コメントありがとうございます。
      なかなかドイヒーな体験談ですね……

      そうなんですよ。
      この手のショップとなると店員さんにそもそもスーツ愛がないので(バイト従業員にそれを求めるべきではありませんが)スーツ自体のクオリティと相まって、あべべさんと同じ感想を持ってしまいますよね。
      一発目はどこで作ってもパーフェクトな仕上がりにはなりにくいので、アフターフォローはしっかりやってもらいたいものです。